スポット · トラベル

近江八幡観光でのランチは南洋軒の駅弁で!水郷の町をぶらり旅

こんにちは、こんばんは、Miraです!

滋賀県近江八幡市はJR大阪駅から新快速で約70分とアクセスも〇。

近江八幡では、八幡山の雄大な自然と歴史に触れることができます。

そんな、近江八幡の観光にはランチに近江牛弁当を持ってぶらり旅がおすすめ!

ということで今回は「近江八幡観光でのランチは南洋軒の駅弁で!水郷の町をぶらり旅」という内容でお届けします。

最後までお付き合いいただければ幸いです☆

各スポットの詳細情報は記事の最後で紹介しています

近江八幡観光はココがポイント!

八幡山城の城下町として、近江商人が行き交い栄えた近江八幡。

そんな町を楽しむなら、近江牛を味わいつつ、自然と歴史に触れる旅を満喫したいところ。

まずは、草津駅で名物駅弁を買い、そのまま近江八幡まで足を延ばしてみましょう。

自然豊かな八幡公園で近江牛弁当を堪能したら、八幡山城跡を散策したり、有名和菓子店の甘味を味わうのも良き。

最後は水郷の町の八幡堀を船で巡り、町の風情を存分に感じましょう。

近江八幡観光でのランチは南洋軒の駅弁で!水郷の町をぶらり旅

近江八幡の旅は草津駅で駅弁を買うところからスタート!絶品の駅弁を持って近江八幡へと繰り出しましょう♪

1.南洋軒 草津駅コンコース店

柔らかな近江牛がたっぷり!

南洋軒」は草津で100年以上の歴史を誇る弁当屋さんです。

近江牛を贅沢に使った弁当がそろう中でも、「近江牛すき焼き&焼肉弁当」は、2種の近江牛の味わいが堪能できると評判の駅弁。

ほかにも、秘伝のタレに漬けた「近江牛めし」なども人気。

●近江牛すき焼き&焼肉弁当●
お値段は1,500円。贅沢に近江牛を使用しているのにとてもリーズナブル。

近江牛すき焼き&焼肉弁当は、ピリ辛の焼肉タレをまぶした近江牛と、ダシが効いたすき焼き風の近江牛が楽しめます。加熱式容器なので、いつでもホカホカで味わえるのも魅力的です。

注意点は、近江牛すき焼き&焼肉弁当は予約制だということ。

商品の入れ替えも多いため弁当は完全予約制です。前日午前中までに店に電話注文すれば店で受け取ることができます

●近江牛めし●
お値段は1,280円。こちらもお値打ちな駅弁です。

こちらの駅弁は予約不要。

代々伝わる秘伝のツユで煮込んだ近江牛は脂が甘く、とっても柔らか。

デザートには、滋賀では400年の歴史のある郷土菓子「うばがもち」が入っているのも嬉しいポイントです♪

2.八幡山ロープウェー

大パノラマが広がる八幡山へ

南洋軒 草津駅コンコース店から電車と徒歩で約40分。

日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)に到着します。

先ほど購入した駅弁は八幡山山頂で食べてもいいですし、八幡公園で食べてもいいです。緑豊かな八幡公園にはあずまやがあるので、公園で駅弁を食べるのもおすすめですよ♪

日牟禮八幡宮の境内にあるロープウェーで、八幡山城跡のある八幡山へと向かいましょう。ロープウェーに乗り込み、山頂までは4分ほど。ゆったりとした空の旅を満喫しましょう。

標高約271mにある展望館は町の景色が一望できる絶景スポット、また、恋人たちの聖地として生まれ変わった西の丸跡など、緑に囲まれた城跡をのんびり歩いて楽しんでください。

西の丸跡はおしゃれなモニュメントがあり、恋人たちの聖地として新名所となっています。

3.日牟禮八幡宮

神秘的な境内で商売繫盛を祈願

日牟禮八幡宮」は、旧八幡町の総社として平安時代に創建され、古くから近江商人の信仰を集めた神社です。観たものを圧倒する壮観な楼門は、1855(安政2年)に焼失し、のちに再建されました。

厄除開運のほか、商売繫盛や学業向上のご利益があると言われています。

古木が生い茂る神域には、神秘的な雰囲気が漂い、江戸時代の豪商・西村太郎右衛門が奉納した安南渡海船額(あんなんとかいせんがく)などの重要文化財も多く保存されています。

4.近江八幡日牟禮ヴィレッジ たねや 日牟禮乃舎

コロンとかわいいプチサイズの餅を

日牟禮八幡宮から徒歩1分のところにある「たねや 日牟禮乃舎」。

たねや 日牟禮乃舎は近江八幡発祥の和菓子店。

日牟禮八幡宮の参道沿いに店を構え、限定商品「つぶら餅」が人気を集めています。近江のもち米をつきあげ、あんこを包んだひと口サイズの餅は、あっさりとしたぜんざいと楽しむのがおすすめです♪

また、併設する「日牟禮茶屋」には、囲炉裏やおくどさんなどが備わっていて趣あふれる空間になっていてこちらも要チェックです。

緑を感じながら老舗の和菓子を味わって、のんびりとした時間を過ごしてくださいね。

5.水郷の町 八幡堀めぐり

情緒あふれる堀を屋形船で巡る

近江八幡日牟禮ヴィレッジ たねや 日牟禮乃舎から徒歩3分。

時代劇でもなじみのある水郷の町、豊臣秀吉が築いた八幡堀を、昔ながらの屋形船に乗って遊覧が楽しめます。

約35分間の八幡堀を往復する遊覧船は、かわらミュージアムのそばから乗船可能。八幡堀と共に繁栄した近江国の街並みが満喫できますよ。

両岸に白壁土蔵や旧家が立ち並ぶ情緒あふれる堀を進むと、まるで江戸時代にタイムスリップしたみたいな気分に浸れます♪

乗船には予約が必要ですのでご注意を。

各スポットの詳細情報

南洋軒 草津駅コンコース店
住所・・・草津市渋川1-1-16 JR草津駅構内2階
お問い合わせ・・・0120-377-040(代表)
営業時間・・・8:30~17:00
休業日・・・なし

八幡山ロープウェー
住所・・・近江八幡市宮内町
お問い合わせ・・・0748-32-0303
営業時間・・・9:00~17:00(上り最終16:30、毎時15分間隔で運行)
休業日・・・なし
料金・・・大人往復880円

日牟禮八幡宮
住所・・・近江八幡市宮内町257
お問い合わせ・・・0748-32-3151
営業時間・・・8:00~17:00
休業日・・・なし
料金・・・境内無料

近江八幡日牟禮ヴィレッジ たねや 日牟禮乃舎
住所・・・近江八幡市宮内町日牟禮ヴィレッジ
お問い合わせ・・・0748-33-4444
営業時間・・・9:00~18:00(茶屋LO17:00)
休業日・・・なし
座席数・・・約90席(禁煙)

八幡堀めぐり
住所・・・近江八幡市多賀町743
お問い合わせ・・・0748-33-5020
営業時間・・・10:00~16:00の不定期運行(季節により異なる)
休業日・・・不定休
料金・・・大人1,000円(1週間前までに要予約)

近江八幡観光でのランチは南洋軒の駅弁で!水郷の町をぶらり旅のまとめ

いかがでしたでしょうか?

近江八幡での観光はランチに駅弁を買って観光スポットを巡るのがおすすめです。

自然や歴史を訪ねることができる近江八幡観光、ぜひ時間を見つけて遊びに行ってみてください♪

ということで今回は「近江八幡観光でのランチは南洋軒の駅弁で!水郷の町をぶらり旅」という内容でお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました☆