スポット

那智勝浦の日帰り温泉をランキングでまとめました!口コミも!

こんにちは、Miraです!

那智勝浦と言えば西日本でも屈指の人気温泉地ですよね。

だからこそ、宿泊でなく日帰りで色んな種類の温泉に入ってみたいと思う人も多いはず。

なので、口コミをもとに那智勝浦の日帰りで楽しめる温泉を調べてみました。

ということで今回は「那智勝浦の日帰り温泉をランキングでまとめました!口コミも!」という内容でお届けします。

最後までお付き合いいただければ幸いです☆

那智勝浦の日帰り温泉ランキングTOP5

那智勝浦の日帰り温泉のランキングトップ5です。口コミの数や評価の高さをもとにランキング付けしてみました。

第1位 忘帰洞

住所・・・和歌山県東牟婁郡那智勝浦町1165-2
営業時間・・・9:00~19:00(不定休)
お問い合わせ・・・0735-52-0048(南紀勝浦温泉旅館組合まで)
料金・・・大人1,000円、小人500円
アクセス・・・JR紀勢本線紀伊勝浦駅から勝浦桟橋方面へ徒歩7分、勝浦桟橋より専用送迎船5分

.JPG

忘帰洞は、珍しい天然洞窟の天然露天風呂です。

忘帰洞の名の由来は、紀州藩の徳川頼倫公が「帰るのを忘れるほど心地よい」と褒めたことから命名されました。

洞窟の広さは約1000平方メートル。目の前に広がる大海原から聞こえる波音がとても耳に心地よく、温泉に浸かりながら望む熊野灘は絶景です。

●忘帰洞の口コミ●

広ーくて壮大な露天風呂。
海が迫ってくる感じで良いですよ
硫黄泉の源泉がありのんびりと入れます。
勝浦に来たら、浦島で泊まるか、ここのお風呂だけでも入るべし

ホテルに宿泊した際、忘帰洞に入りました。洞窟の中にある温泉で晴れていたので海と星空か見えてすごく良い雰囲気でした。島全体がホテルになっているため人が多く、静かに入りたい方は時間を選んだ方がいいかもしれません。

お風呂のすぐ横が海なので、波音にとても癒されました。今までの人生の中でダントツ1位の温泉です。毎日入りたいくらい気に入りました。

恋人と旅行でいきました。景色がすばらしいし、海との距離が近くてびっくりしました。お湯は温めだったのでぬるめのお風呂にずっと入ってました。

第2位 陽いずる紅の宿 勝浦観光ホテル

住所・・・和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字天満1530
営業時間・・・7:00~9:0015:00~24:00(年中無休)
お問い合わせ・・・0735-52-0750
料金・・・大人1,000円、小人500円
アクセス・・・JR紀勢本線紀伊勝浦駅より徒歩15分

.JPG

陽いずる紅の宿 勝浦観光ホテルの温泉は、海洋館、黒潮館それぞれ最上階にあり、那智湾(太平洋)を一望できます。眺めは素晴らしいです!

特に日の出の眺めは最高ですよ♪

また、旅館名にもなっているように、日の出の眺望は美しく那智勝浦イチといっても過言ではありません。

●陽いずる紅の宿 勝浦観光ホテルの口コミ●

家族で行ってきました。
温泉がとても気持ちよく癒されました。
眺めもよく、遊びつかれたからだもリフレッシュできました。

露天風呂もある大浴場が24時まで利用可能です。連泊した時、戻って来るのが夜遅くなってしまったのですが、フロントの方が、24時を多少過ぎてしまっても構いませんので、大浴場をお使い下さいと言って下さって、親切に感謝します。

天空露天風呂は勝浦観光ホテルの海洋館7階にある露天風呂です。ホテル自体が勝浦の町より高いところにあり、浴場はさらにその7階に位置するので、眺めは良好です。正面に那智湾を望み、右手にはホテル浦島山上館のある狼煙山が見えます。内湯もガラス窓を大きくとり、天井まで一部ガラス張りになっているので、とても明るい印象です。

第3位 海のホテル一の滝

住所・・・和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦752-2
営業時間・・・15:00~23:30
お問い合わせ・・・0735-52-0080
料金・・・大人500円、小人300円
アクセス・・・JR南紀勝浦駅から950m(徒歩約15分)

.JPG

海のホテルの名の通り、全室と温泉が海側に面し、名勝「弁天島」をはじめとする美しい眺望を楽しむことができます。

温泉は、勝浦でも数少ない源泉100%かけ流し地元でも評判の名湯です♪

思いのほか混んでいることもあるお風呂。地元の日帰り入浴客も多いそう。泡風呂やサウナなど、派手な設備は一切ありませんが、地元の人に愛される所以はやはり、その湯の秀逸さによるものなのでしょうね。

●海のホテル一の滝の口コミ●

かけ流しの温泉が大変気持ち良くて最高です。
2~3ヶ月に一度のペースでお世話になってます。
食事付の宿ではありませんが、温泉目的の人には
大変リーズナブルに温泉を堪能できてありがたい。
食事は徒歩10分ほどの駅周辺か港付近に飲食店や
コンビニがあるので予算に合わせてどうぞ。

3回目の利用です。
とにかくここは温泉が素晴らしい。
温泉と部屋からの風景を楽しみながら、今回もゆっくりと過ごしてきました。
またリピート泊します!

第4位 きよもん湯

住所・・・和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川1062
営業時間・・・12:00~23:30(年中無休)
お問い合わせ・・・0735-52-0880
料金・・・大人500円、子供(1歳~12歳)300円、【家族風呂】1室1,000円(入浴料金とは別)
アクセス・・・JR紀勢本線 紀伊勝浦駅より潮岬行き、または太地行きバス利用10分、「湯川温泉」下車、徒歩1分

.JPG

紀州の名湯」としてその名を知られるきよもん湯は、約1.500年の歴史をもつ温泉と言われています。

温泉は、源泉流しっ放し

海のホテル一の滝と同じく、地元の人に愛され続けているきよもん湯は、全国から温泉好きが集まる知る人ぞ知る名湯。那智勝浦に来た際はぜひ、訪ねてみてください♪

●きよもん湯の口コミ●

もう一度行ってみたい温泉のひとつです。
那智勝浦の温泉はとても有名ですがその隣の駅の湯川から歩いて13分程のところにあってゆかし潟に沿ったこじんまりとした隠れた名泉と言えそうです。

勝浦地区で、夜にさっぱりしたくなったら、
きよもん湯が頼れます。
「源泉出しっぱなし」と玄関先に表記されており、つるっとして泡が張り付く、ほんまもん温泉。
温度は40度あたりだろうな~という印象を受けました。

第5位 汐見の湯(ホテルなぎさや)

住所・・・和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川955-1
営業時間・・・17:00~21:00
お問い合わせ・・・0735-52-0015
料金・・・大人1,000円、子供500円
アクセス・・・JR紀勢本線「紀伊勝浦駅」からタクシー約5分

.JPG

那智勝浦の福井湾に接している、入江の自然を背景にした絶景の露天風呂「汐見の湯」を楽しみましょう。

敷地内から湧き出ている源泉はとても肌あたりが良く、源泉100%かけ流しで「美肌の湯」として知られています。

温泉は岩組で入江に面しており、海に手が届きそうなほど海を間近に感じられる面白いロケーションですよ♪

●汐見の湯(ホテルなぎさや)の口コミ●

ホテルなぎさやの露天風呂。
客室から海岸端を歩いて行く「汐見の湯」。
ほんとに海のすぐそばで、一体感は味わえる。
泉質もなめらかでよく、温度も適温で完全な露天という
こともあり、ゆっくりと入浴を楽しめる。

勝浦ではどちらかといえば小さい方のホテル。
私が行った時には内風呂には大きな水槽がありチヌやその他の紀南で上がる魚が泳いでいる浴場がありました。
露天風呂は入り江の景色を望みながらの温泉がとても気持ちよく入る事ができました。
泉質も独自の源泉でつるっとする温泉ですが、変にべとつく事もなく良い温泉です。

那智勝浦の日帰り温泉をランキングでまとめました!口コミもについてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

那智勝浦の日帰り温泉のランキングでした。ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

もちろん、那智勝浦にはまだまだたくさんの日帰りで入浴できる温泉がありますので、ご自分で自分に合った温泉を探してみるのも面白いかもしれませんね。

ということで今回は「那智勝浦の日帰り温泉をランキングでまとめました!口コミも!」という内容でお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました☆