スキー場

びわ湖バレイ2018のオープンは?アクセスと営業時間も

こんにちは、Miraです!

びわ湖バレイの冬のスキーの季節がいよいよやってきましたね!

京都東ICから40分と大阪府から最も近いゲレンデとして有名なびわ湖バレイということもあり、スノータイヤやチェーンを巻かなくても手軽に行けるのが嬉しいポイントです♪

雪道運転に慣れていない私でも安心安全に行くことができます(笑)。

そんなびわ湖バレイは、世界レベルの人工降雪機で積雪を補っているのでシーズンの間は安定してスキーを楽しむことができるのも魅力。

雪質の良さと変化に富んだ9つの多彩なコース、琵琶湖を眺めながら滑ることができるのは、びわ湖バレイの自慢です。

というわけで今回は「びわ湖バレイ2018のオープンは?アクセスと営業時間も」という内容で調べてみました。
最後までお付き合いいただければ幸いです☆

びわ湖バレイ2018のオープンは?

スキーヤーの人達はびわ湖バレイ2018のオープン日を早く知りたいですよね。

びわ湖バレイ2018のゲレンデのオープン予定日は、2018年12月22日です。
積雪次第で遅れる事がありますので、その点は注意してください。

他のスキー場と比べると、早くもなく遅くもなくといった印象ですね。

びわ湖バレイは、最大斜度30度・最長滑走距離1,400m、コースの難易度としてはやや中級者向けのゲレンデと言えそうです。
口コミの中にも、「上手い人が多いという印象があった」というものが散見されましたので、ある程度は自信ありという方におすすめかもしれません。

小さいお子さん連れの方も楽しめるように「スノーランド」というエリアもあるのでご安心を。雪遊びもスノーランド内の「雪遊びコーナー」が利用できます。

びわ湖バレイ2018の営業時間は?

びわ湖バレイ2018の営業時間については、スキーシーズンは普段と営業時間が異なります。

スキーシーズンの営業時間は、
平日が8:30~17:00土日祝・年末年始(12/31~1/4)は8:00~17:00となっています。

早朝やナイター営業はありません。

料金についてはコチラをご覧ください↓↓
.JPG

びわ湖バレイ2018のアクセスは?

びわ湖バレイへのアクセスについてですが、週末や連休は周辺道路が非常に混雑します
時期によっては駐車場も午前中で満車になることもあるそうなので、公共交通機関の利用がおすすめです。

●車でのアクセス●
登山道が近隣に多くあるため、ナビによる誤案内が多発しているそうです。
そのため、県道558「びわ湖バレイ口」交差点を経由していることを確認しながら進んでください。

Google mapの方は「びわ湖バレイ 入口(駐車場・ロープウェイ)」を目的地に設定する。
カーナビの方は「滋賀県大津市木戸1547-1」を入力する。

駐車場:1700台
駐車場料金:乗用車1,000円/バス1,500円/二輪車500円

●電車&バスでのアクセス●
JR京都駅から湖西線で約50分ほどでJR志賀駅に着きます。
JR志賀駅からバス約10分で中腹のロープウェイ乗り場前(終点「びわ湖バレイ」)に着きます。

JR志賀駅からは路線バス(江若交通)を利用してください。
シーズン中は毎日運行しているので利用しやすいです。

料金は、運賃330円+冬季は板の持込料100円がかかります。

バス時刻表はコチラ

びわ湖バレイは手ぶらで来れる!?

もう一つ気になるのがレンタルの充実度ですが、びわ湖バレイは大阪から近いということもあり、レンタルはとてもに充実しています。

帽子とグローブは自前で準備しなければなりませんが、それ以外のアイテムはすべてレンタル可能です。

レンタルできるのはBURTONというレンタル専用に開発されたモデルなので、安心して滑ることができ、オシャレに気を遣う方にもおすすめできます。

レンタルの料金についてはコチラをご覧ください。↓↓
2

びわ湖バレイ2018はいつまで?

びわ湖バレイ2018のオープンはいつまでかというと、2019年3月24日までです。
積雪次第では変更の可能性があります。

詳しいオープン予定日と終了がいつまでかについては、お問い合わせください。

びわ湖バレイ
〒520-0514 滋賀県大津市木戸1547-1
TEL:077-592-1155

びわ湖バレイ2018についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

びわ湖バレイのオープン日、待ち遠しいですね!

その他、びわ湖バレイにはびわ湖バレイから北に15分程のところに地元の温泉「比良とぴあ」があり、京都、大阪方面に帰る場合はスーパー銭湯が2ヵ所あるので、滑走した後はお風呂にまったり浸かって疲れを癒すのもたまらんですね♪

ということで今回は「びわ湖バレイ2018のオープンは?アクセスと営業時間も」という内容でお送りしました。
最後までお読みいただきありがとうございました☆