未分類

姫路食博2018、おでん鍋が登場!日程や混雑状況、駐車場情報もお届け!

こんにちは、Miraです!
10月も半ばを過ぎて段々と肌寒くなってきましたね。今日、ご紹介するイベントはそんな肌寒い季節にピッタリの温かいグルメが楽しめるフードフェスです。タイトルにもある通り、おでん「鍋」なんですね。でっかいお鍋でおでんが作られているのでしょうか?それはぜひ、現地に行って確認してみて下さい!
ところで、皆さんはおでんの具は何が好きですか?私はやっぱり、そうですねぇ、大根ですね!ありきたりですか(笑)?でも、美味しいんですもん。あのほっこり感はたまりません。あと、厚揚げも良いです。おでんのお出汁をたっぷりと吸い込んだジューシーな食感が最高です!
と、おでんの話をしていたらそれだけで終わってしまいそうなので、今回は「姫路食博2018、おでん鍋が登場!日程や混雑状況、駐車場情報もお届け!」という内容で調べてみました。

姫路食博2018はどんなイベント?

姫路食博2018は、兵庫県で最大規模のフードフェスです。兵庫県内の多彩なご当地グルメが集まるため、まさに「食の祭典」にふさわしいイベントと言えそうです。
姫路食博は、姫路城が世界遺産に登録されたことから姫路城とともに姫路の食文化を世界に発信しよう、ということから始まりました。毎年、15万人もの人が訪れるとのこと。

昨年は「全国ご当地おでんと地酒サミット」と開催が重なり、全国各地のおでんが楽しめたそうですが、今年はそれに変わり、姫路おでん鍋や播磨のご当地鍋が楽しめるとのことなので楽しみですね!

また、姫路ファッションショーが開催されたりご当地アイドルのステージがあったりと、グルメ以外にも楽しめる要素が盛りだくさん!ゆるキャラたちによるイベントも実施されるので大人だけでなく子供も満足できること間違いなしです!(地元兵庫のイベントなので少々鼻息が荒くなっております(笑))

姫路食博2018の現時点での出展ブースやイベントは、

・銀の馬車道 グルメストリート
・はりまの鍋横丁
・姫路♡ファッションエンターテインメント
・兵庫のご当地グルメコーナー
・播磨のうまいもんコーナー
・KRD8、WT☆Egret
・都山流尺八楽会、WT☆Egret
・姫路ファッションショー、DANCE STUDIO TRAX、KRD8、千城恵&HIMEJIミュージカル

となっています。
出演時間は現時点では分からないのでご了承ください。

姫路食博2018のおでん

姫路食博2018で提供される姫路おでん鍋。
姫路おでんは普通のおでんとは何が違うのでしょうか?

姫路おでんの公式サイトによると姫路おでんの定義は、

小皿に上からたっぷりと生姜醤油をかける
生姜醤油を小皿に入れて、つけて食べる

とのこと。これらの条件を満たせば姫路おでんと呼べるようで、ただ今、地域ブランドとして申請中。申請が通るよう祈ってます!

つまり、姫路には濃く甘い味付けの関東煮(かんとうだき)と言うおでんと、関東煮とは違う薄味のおでんの2種類があるそうですが、生姜醤油をつけて食べるおでんはすべて「姫路おでん」になります。

ちなみに、姫路おでんの公式サイトには生姜醤油の作り方も載っているので、お家でも姫路おでんを食べることができますよ。
姫路おでん公式サイト

姫路食博2018の日程は?

姫路食博2018の開催日程は、

開催日程・・・2018年11月23日(金)・24日(土)・25日(日)の3日間
開催時間・・・10:00~17:00(雨天決行)
開催場所・・・大手前公園(兵庫県姫路市本町68)
お問い合わせ・・079-224-8803 姫路食文化協会まで
アクセス
・電車での来場⇒JR神戸線「姫路駅」から姫路城方面へ徒歩10分
・車での来場⇒大手前公園地下駐車場(323台)【営業時間】7:00~23:00
【駐車料金】
・最初の30分以内 :200円
・30分超1時間以内:400円(以降30分毎150円)
・1日最大料金:1,500円

となっています。
週末の開催ということもあり、人の入りは凄そうですね。

姫路食博2018の駐車場情報

上記にもあるように、大手前公園には地下駐車場があります。が、すぐに満車になってしまいます。
大手前公園地下駐車場以外にも周辺に駐車場がないか調べてみました。
そうすると、姫路城の周辺には「姫山駐車場」、「イーグレ地下駐車場」、「城の北駐車場」、「大手門駐車場」という4ケ所の駐車場があることが分かりました。ですが、どこもイベント時には早々に満車になってしまうとのこと。
やはり、姫路食博には電車で来場された方が無難な感じはします。

参考までに4か所の駐車場の情報も載せておきます。

姫山駐車場
住所・・・姫路市本町68-56
営業時間・・24時間
料金・・・最初の30分以内は無料、最初の3時間以内は600円、3時間超1日以内は900円
駐車台数・・250台

イーグレ地下駐車場
住所・・・姫路市本町68-290
営業時間・・・24時間
料金・・・最初の30分以内は200円、30分超1時間以内は400円(以降30分毎150円)、1日の最大料金は1,500円
駐車台数・・・255台

城の北駐車場
住所・・・姫路市本町68-269
営業時間・・・24時間
料金・・・最初の30分以内は無料、30分超1時間以内は200円、1時間超3時間以内は600円、3時間超1日以内は900円
駐車台数・・・150台

大手門駐車場
住所・・・姫路市本町68
営業時間・・・24時間
料金・・・最初の3時間以内は600円、3時間超1日以内は900円※普通車の場合
駐車台数・・・582台

遠方から来られてどうしても車じゃなければ移動が辛いという方もいらっしゃると思います。上記の駐車場がすべて埋まっていた場合、最後の手段として姫路市内でタイムズなどコインパーキングを利用することをおすすめします。案外、穴場の駐車場かもしれません。

こちらも参考までに。

タイムズ姫路紺屋町
住所・・・兵庫県紺屋町27
営業時間・・・24時間
料金・・・7:00~22:00は20分ごと100円、22:00~7:00は120分ごと100円
駐車台数・・・14台

駐車台数が少ないのと、大通りから外れた位置にあり、周辺にもまだコインパーキングがあるので他も探しやすいので穴場かもしれませんね。会場へのアクセスもいいのでぜひ、利用してみて下さい。

姫路食博2018の混雑状況は?予算はいくらくらい?

姫路食博は例年15万人を動員します。単純に日割りで計算しても1日5万人。混雑するのは目に見えています。
混雑を避けるなら開場と同時に入場するようにしましょう。お昼時になると人気のグルメなら1時間以上の待ち時間は当たり前なので、早めに入場して食べたいグルメを確保しましょう。

姫路食博の予算についてですが、1人およそ2,000~3,000円あればお腹いっぱい食べられます!メニューの値段はお祭りの屋台と同じくらい(500円前後)なので、他のフードフェスと比べるとお財布に優しい価格設定になっています。

あと、混雑してくると席の確保が難しくなってくることもあるので100均でブルーシートなんかを買って持っていくと便利だと思います♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?
食欲の秋にふさわしいイベントですね!雨天決行のイベントですが当日は秋晴れの下、美味しいグルメを楽しみたいですね!姫路城の観光もできるし、ガッツリ姫路を満喫できる1日になりそうです。

ということで、「姫路食博2018、おでん鍋が登場!日程や混雑状況、駐車場情報もお届け!」という内容は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。